韓国での記憶 

韓国で出会った彼女との事、その他の雑記録

'17年 クリスマス・イブの出来事(4)完

'17年 クリスマス・イブの出来事(3)のつづき



** 3日目 **


 7時に目覚ましが鳴り、起こしてあげれば良かったのだが、
気がつくと7時すぎ、
枕がじゃまで 夜中2人の間に置いて寝たのだが、
朝起きて「この枕は 壁ですか?」
「ん? じゃまだから 置いただけ」
(なんだ?機嫌わるいのか? 確かに振り向いても、彼女が見えない)
(前回  ベッドから抜け出し ソファーで寝ていたからなぁ・・)


枕をどかし、隣に行き・・・
ちょっと大きめな胸と、色っぽい太ももをさわっていたが
「8時に着きます、もう おくれます」
「えっつ? 早くきがえなよ」


速攻 スッピンの寝ぼけた顔で 
身支度を終え、髪をとかし、髪型を気にする彼女
「サウナに居た って言っても この髪で・・大丈夫かな・・」
「さあ・・」
(ゴメンねっ それを誰が気にするか知らないので答えようがない)


別れ際にいつものように バグをされ、
「帰って落ち着いたら メールください」と
私は「いってらしゃい」とだけ、ちょっと クールすぎたか・・。


そして時間は8時前、そのまま うだうだして9時 さて朝食でも・・と。
ここからが 最悪!!


フライトの確認をしたところ、
帰国便のKE705は欠航で翌朝に振替え。
便を変更しようとしたがモバイルではできない、
悩んだあげく 速攻仁川空港に。


1本前(17時)に変更できたが、
そのまま 飛び立つまで計8時間 空港に滞在。


欠航、遅延の事を、昼頃に彼女にメール、
別に報告する事でもないのだが、
なぜかメールしてしまった。(何を期待したのだろう・・・・)


彼女からはマライア・キャリーのAll I Want for Christmas Is You の動画が返信
違う意味で とどめを刺された。
まったく 今日は素敵なクリスマスイブ だよ。


しかし、彼女の用事が無く、
早く帰らずに一緒にいたら、
便の欠航も気がつかなかったはず、
気がついても時間的に振り替えられる確立はもっと低かった。


そばに居ても、居なくても 色々な意味で関わってくる。


今回は、今までの中で一緒に居た時間が一番短かった、
家族の事など
色々彼女のプライベートな用事があり、
そちらを優先させたから。


でも、短い時間だったが今まで以上にお互いの色々な事が解ったと思う。


次に逢ったときはどんな関係になっているだろう、
口げんかはするだろーなぁ
 絶対負けるけど。
でも、優しいし気が利く、
今 何が重要か必要かを考えて行動する人
尊敬するところもある。 時々強がるけど・・。


帰国後メールで
「忙しいのに、時間作ってくれてありがとう」
「いいえ 用事ができて もっと色んなことが出来ず残念でした また 逢いましょう」
「来年の予定たてましょう ねっ」 と


次はたぶん春に。
ソウル市内を脱出しちょっと遠くまでいくかな。



'17年 クリスマス・イブの出来事
      ・・完・・