韓国での記憶 

韓国で出会った彼女との事、その他の雑記録

彼女とのメールの 落とし穴 (2)

彼女だって  当然  普通の生活をしている。


そりゃ 楽しい事ばかりではない。


愚痴もこぼしたいし、


めんどくさいと 思う時もある。


機嫌が悪いときも 当然 ある。



2月の事。
あまり  メールを しなかった月。



メールで 「 お昼だよ〜と」



いつもながら能天気なメールと
チキンの写真を 送った。


しばらくして


「今  韓国にいますか」
「いないよ」
「ピョンチャンは」
「行って ないよ 、今 思えば行けばよかった」
「それに J  に 内緒で  いかないよ」


「最近  いろんなことに イライラ します
             友達の 意味のない  メール も」


「ごめんなさい」と


彼女も いろいろ 大変 なんです。


機嫌の悪い時 沈んでるときは  こんなもの


受け止めて あげなければならない時間
文句を 言って 楽になれば
それで  よい。


毎回  こんな時は


   そばに  居てあげたい  と 思う 瞬間。